トップ / 学校の偏差値とテスト

学校の模擬試験の偏差値

偏差値という言葉が使われる主なものは、学校においては学力テストであり、予備校においては模擬試験です。これは進学のために受験を考えている志望校に合格するために自分のいま現在の偏差値を知ることで、これからどのように学習していくかを検討するためのものでもあります。すなわち、テストの成績を上げる(志望校に近づく)ための方法を検討していくことになります。例えば、学校では進路指導がおこなわれ、進学を考えている場合は必要になります。予備校ではさまざまな種類の模擬試験がおこなわれていますが、これも今後の勉強の参考になるものです。

偏差値

定期テストと偏差値は関係性

学校の定期テストで点数が取れてるからといって偏差値が高いという訳ではありません。これは私の例なのですが学校の定期テストはクラスで下から2番目。しかしその翌日行われた校内模試では学年9位で偏差値70何故こんなにも点数が違うかというとしっかりと受験を意識して勉強できてるかということだと思います。受験を意識して勉強するというのは予備校などに通い3年間の内容を満遍なく広く理解することが大切なのです。狭い範囲の理解では模試の成績を上げることはできません。模試の成績上げることこそが合格に直結することなのです。その人自身のやる気と才能次第ではありますがやはり自力で3年間の内容を理解するのは難しいことです。だからこそ予備校に通うなどして教えてもらうことにより全体理解をすることが大切なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校のテスト対策について. All rights reserved.